警視庁睡眠取り締まり科。

私が総理大臣になったら真っ先に作りたい法律がある。
それは

「全日本国民の毎日最低8時間睡眠を義務づける」
というもの。

なんなら国民の義務に
「労働、納税、教育、睡眠」
としたいくらい。

なにをおっしゃるというかもしれませんが
これって現実的にもとても良いことばかりだと思うんですよ。

ちゃんと寝ることによって
労働の能率も上がり生産量も上がる。
なにより気持ちに余裕ができるから、朝のラッシュもぎすぎすしなければ
仕事場も無駄にぴりぴりしている人がいない。
酔っぱらいのケンカも減るし、安全運転が増えて交通事故も減る。
休むことに罪悪感もなくなるし家族との時間も増える。
周りのひとにも優しくなれて国民の幸福実感値も上がると思う。

あっでも深夜営業のお店や化粧品のコンシーラーやマッサージ屋さんや栄養ドリンクやコーヒーは売り上げ落ちちゃうのかな。
でもいつ寝るとかは自由で8時間はねなきゃダメだから深夜営業はセーフ。

この法律ができたあかつきには警察に睡眠取り締まり科ができて
飲酒検問のごとく街であくびやクマのチェックがなされる。
警察官の制服はパジャマ。
「おにいさん、ずいぶん寝てませんねえ。ちょっとだからってだからだに毒ですよ」
なんて。
でも、違反しても警察が用意してくれた睡眠ルームで寝るだけなの。

あまりにいつも徹夜している人は警視庁睡眠取り締まり科の刑事から張り込みを受ける。
「あいつ。。もう2日も徹夜してやがる。。。」
なんて。
で、おふとんとまくらをもって突撃される。
でちゃんと寝るまで刑事が見守っててくれる。

そんな平和な国があると良いのになーと思いつつ
ついつい徹夜してしまう私です。
ふとんとまくらを持った警察がきてくれないかなー。
[PR]
by saboten-kyaoreeen | 2011-06-05 17:04