もじもじ。

もじもじと言ってもべつにはずかしがっているわけではありません。
堂々とみせちゃいます。
sabotenの新作、タイポグラフィブローチです。

私は学生時代、タイポグラフィ(つまり文字のデザイン)が弱点で自覚もしていて
まして文字を刺繍でやるのはむずかしい!
と思ってアイディアはありながらなかなか踏み切れなかったのですが
やってみたらこれが楽しいしすっかり夢中です。
いくら作っても飽きません。
100個くらい作りたい。。。

もともと言葉がすきで高校の時授業がひまなときは辞書を読んだりしてたので
(これだと怒られないから)
単語ひとつだからこそ広がるイメージ
(というか妄想)
の楽しさを刺繍で表現しています。

同じ単語でも使う色や書体で全く性格が変わる。

love.ひとつにしても
黒い文字に赤い装飾の子は
正義感が強くて、てらいのないまっすぐな愛情表現をしてくれそう。
花屋さんで贈り物に花を買って渡すまで持ち歩ける子。

ピンクの文字に白い装飾の子は、
まだ慣れない恋にとまどっているけれどもそんな自分がきらいじゃない。
普段ははかないスカートなんてはいちゃったりして。

金色の文字にベージュの装飾の子は、決してloveが自分の中でいちばん表側にはこない。
ポーカーフェイスと着込んだシャツの下に隠しているけれど
それは夜寝る前に本を開いた時、あなた、という文字が出てきた時にいつもおなじ人が浮かぶような
静で確かな気持ち。

そんな想像が広がる文字と色と質感の組み合わせに今は夢中です。

e0207386_915182.jpg
e0207386_9142596.jpg
e0207386_9135188.jpg
e0207386_913257.jpg
e0207386_913023.jpg
e0207386_9121925.jpg
e0207386_9111316.jpg
e0207386_9104810.jpg

[PR]
by saboten-kyaoreeen | 2011-06-03 09:15